キヤノンの環境ビジョン
キヤノングループ環境憲章
企業理念 共生
世界の繁栄と人類の幸福のために貢献すること
そのために企業の成長と発展を果たすこと
環境保証理念
世界の繁栄と人類の幸福のため、資源生産性の最大化を追求し、持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。
環境保証基本方針
すべての企業活動、製品、およびサービスにおいて、環境と経済の一致を目指し(EQCD思想)、 資源生産性の革新的な改善により、“環境負荷の少ない製品”を提供するとともに、 人の健康と安全および自然環境を脅かす、反社会的行為を排除する。

EQCD思想 E:Environment(環境保証)・・・環境保証ができなければ作る資格がない
Q:Quality(品質)・・・品質が良くなければ売る資格がない
C:Cost(コスト)
D:Delivery(納期)・・・コスト、納期が達成できなければ競争する資格がない

東北で初めて「環境管理規格」を取得。積極的に環境保全に取り組んでいます。
キヤノンプレシジョンはキヤノングループの環境保全体制のもと、環境保証実行管理委員会、専門分科会、環境保証スタッフ検討会などを主体として、持続的発展が可能な社会構築のためにさまざまな環境活動に取り組んでいます。
キヤノンプレシジョンの環境への取り組みは早く、ISO14001が組織化される以前、世界でもっとも厳しい環境基準といわれた「英国環境管理規格(BS7750)」の認証を1995年に東北で初めて取得。その後ISOに切り替えるなど、その先進的な活動は地域社会からも高い評価を得ています。

※英国環境管理規格BS7750
Copyright(C) Canon Precision Inc. All Rights Reserved.